ホーム » 未分類 » 毎日の雑感を書きつつそういえば明け方

毎日の雑感を書きつつそういえば明け方

今日は何かすることあったっけと思ったのですけれど、思いつかないので、見ていたら、母親がゲームをやっていたら、こたころが体を振ったので、母親に何やら臭気がいって、母親が笑っていたという話がありました。

ああそうですかと思いましたが、どうでもいいのですけれど、なんか母が夢を見たと言っていました。
しかし覚えていないとそう語る母の言い方、祖父にそっくりですね。
DNAってあるのだなあと思いますけれどね。

祖父は何かに生まれ変わったのでしょうか。
生まれ変わりをどちらかというと、信じる方ですね。
なので、霊とかは話のタネにして面白く語っているだけに過ぎない部分があります。

なんて書いていたら、頭がかゆくなってきました。
そういえば、今日の明け方に、救急車の音がしていたけど、又飛び込みでしょうかね。
全くもって面倒なお話しではないですか。
でも気の毒ですね。
若い人が亡くなるのは、余りにも悲しいので、そこは避けてほしいと思っています。

お金に困ったときに闇金に頼っては絶対いけません